謎の2メートルのブレーキ痕「高知白バイ事件」龍馬の土佐の高知で

大河ドラマ、龍馬伝の舞台の地で、起こった高知白バイ事件。片岡晴彦さんを応援するブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元検事が語る「疑わしきは被告人の利益に」とは。

元検事が語る「疑わしきは被告人の利益に」とは。


元検事が語る「疑わしきは被告人の利益に」とは。

 あくまで私の意見と断りを入れておきますが、裁判員に選ばれた方々に「疑わしきは被告人の利益に」について説明してみます。
 このフレーズをいくらこねくり回しても意味はわかりません。私だってわかりませんから(爆)。
 荒っぽく説明しますと「検事の言うことが少しでも『あぁ?それ、ちょっとヘンぢゃねぇの?』と思えたら、検事が負け」という意味です。 「弁護人の言うことが正しい」とまで思う必要はありません。←これ、すごく大事なことです。
 あくまで検事の主張が「どう考えても疑問の余地がない」と思えなければ検事を負かさないといけないということなのです。
 とかく「検事と弁護人のどっちが正しいのだろうか」と悩みがちだと思いますが、弁護人は「検事の言うことのここがヘンです!」と訴えていることが殆どです。
 極端に言えば、弁護人が黙っていても、検事の言うことだけ聞いて、それが「あぁ?」と思えたら勝負あり。有罪・無罪が争われている事件なら、それは無罪です。検事の主張に納得できなければ、シロだのグレーだのという色なんぞは全く考える必要はありません。
 検事は強大な国家権力を持った刑事裁判のプロなので、裁判官、裁判員を納得させる責任を負っています。検事がそれに失敗したら、検事が負け。
 この場合、結果的に被告人・弁護人が勝ちとなりますが、それはあくまで結果なのです。
 とにかく「検事が正しいのか?」、これだけを考えてください。
 ただ、実際に裁判員裁判に出席された場合は、裁判長から別途「疑わしきは~」の意味について丁寧な説明があるはずなので、現場では裁判長の説明をよく聞いてください。
 そして、「あの検事の人相が気に入らない」とかの印象で検事を負けにしてはいけません(笑)。
 検事の出した証拠、検事が最後に言う説明(「論告」と言います)を聞いて、裁判官、ほかの裁判員の方々と話し合ってください。

さようなら原発5万人集会 - 毎日新聞 2011年9月19日

この写真は圧巻ですね。

さようなら原発5万人集会

さようなら原発5万人集会 - 毎日新聞 2011年9月19日



大江健三郎さんら脱原発訴え 都心で6万人参加デモ - 朝日新聞 2011年9月19日22時41分

大江健三郎さんら脱原発訴え 都心で6万人参加デモ - 朝日新聞 2011年9月19日22時41分

大江健三郎さんら脱原発訴え 都心で6万人参加デモ

 脱原発を訴える「さようなら原発集会」が19日、東京・明治公園で開かれた。ノーベル賞作家の大江健三郎さんらが呼びかけた。主催者側によると、全国から約6万人が参加し、東京電力福島第一原発の事故に関連した集会では、最大規模になったという。

 集会では大江さんのほか、経済評論家の内橋克人さんや作家の落合恵子さんらが登壇。大江さんは「原子力は荒廃と犠牲を伴う。私らは原発に抵抗する意志を持っているということを政党の幹部に知らせる必要がある」と呼びかけた。

 参加者は集会後、のぼりやプラカードを手に渋谷や新宿の繁華街を3コースに分かれてデモ行進。7歳の娘と初参加したという都内の女性(49)は「原発に無関心で無知だったことを反省した。子どもの世代に、原発に依存しない社会を残したい」と話した。

 集会は脱原発への政策転換を求める署名運動「さようなら原発1000万人アクション」の一環。原水爆禁止日本国民会議(原水禁)などが支え、これまでに100万人を超える署名を集めたという。

     ◇

 名古屋市中心部でも19日、「脱原発」を訴える集会とデモがあり、約2千人(主催者発表)が参加した。

 東日本大震災後半年にあわせ、ノーベル賞作家の大江健三郎さんらが全国で呼びかける「さよなら原発1千万人アクション」の一環として、東海地方の実行委員会が同市でも企画した。参加者らは「原発さようなら」などと声を合わせ、中区の白川公園から東区の中部電力本店まで歩いた。

 インターネットで開催を知った北区の会社員田中秀之さん(47)はデモ初参加。「最初は少し怖かったが、いろいろな人が参加していて心強かった。デモだけで終わらず、考え続けたい」と話した。(畑宗太郎)

     ◇

 九州各地でも連帯の声を上げようと、集会やデモがあった。

 福岡市博多区の公園で開かれた集会には、主催者によると、労組や市民グループを中心に約千人が参加した。福島市から福岡県福津市に娘と避難している主婦宇野朗子(さえこ)さん(39)もマイクを握った。

 原発事故から半年。影響を過小評価する政府などの発表から、福島から避難できずにいる人もおり、「コミュニティーが引き裂かれている」と訴えた。さらに「除染して復興を」という掛け声のもとで「被曝(ひばく)の危険を伴う除染作業に留め置かれた住民が駆り出されようとしている」と指摘。「福島の現実を見つめ、二度と繰り返してはならないと決意しましょう」と呼びかけた。参加者は集会後、繁華街の中洲から天神を経て福岡市中央区の九州電力本社まで約2キロを「原発はいらない」などと声を上げながら歩いた。

 長崎市でも集会があり、主催者によると約600人が集まった。脱原発を願う歌を歌い、被爆者団体や労組の代表が思いを述べた。

片岡さん、ネガ検証で「東京」へ。

片岡さん、東京へ

片岡さん、ネガ検証作業で東京へ行くとの事。

雑草魂 - 東京

8月27日(土)高知白バイ事件勉強会

お知らせ

最初に、高知県民の皆さんに「高知白バイ事件:片岡晴彦さんを支援する会」
会員になっていただく為と、多くの方に広く知っていただく為、
8月27日(土)14:00~16:00、約二時間の予定で行いたいと思います。
勉強会と題して高知県保健福祉センター(高知市塩田町18番10号)

事件のあらましを説明する為に、DVDで視聴して頂き、鑑定人の先生が
分かりやすく解析、説明して頂き、弁護士先生が再審に向けて今後の方針、
等の内容で行う予定です。

詳しいチラシが出来次第、お知らせします。
この件の連絡先は、私、片岡宛に、TEL0889-32-2313、お願いします

高知市内でも、街頭でチラシ配布を行うつもりですので、
ご支援、ご協力のほどお願い申し上げます。


こちら引用元→三者協議 2011/7/23(土) 午前 11:17
プロフィール

enzaix

Author:enzaix
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。